トリコモナスについて

トリコモナスここではトリコモナスの症状などについてまとめていきたいと思います。

トリコモナスという性病は若い女性に多い性病となっています。男性でも女性でも感染するのですが、膣トリコモナスという原虫の一種によって起こる膣の炎症という事で女性に多いのが大きな特徴となっています。

膣にかぎらず、尿道、膀胱、子宮頚管などにもいますので、男性の性器や膀胱などにも見られます。トリコモナスいることで常に炎症が起きるわけではなく、体調などの影響で症状が現れます。

トリコモナスは長期間にわたって症状が出ないケースもありますので、感染時期や相手などを特定するのが難しい性病なのも特徴と言えるでしょう。

トリコモナスの症状とは

トリコモナスは症状が出ないケースも多々ありますし、症状が出るまでに長い期間がかかる場合もあります。無症状の場合もあるのですが、おりものや外陰部にかゆみ、熱感があり、性行為時に痛みや少量の出血を見ることもあります。トリコモナスによって女性は不妊症の原因にもなってしまいますので注意が必要です。

男性の場合の症状では、主に尿道炎、前立腺炎があります。クラミジアでも多い症状ですので、同時に調べれる性病検査キットを使うのが良いでしょう。

トリコモナスの治療方法とは

トリコモナスにもし感染をしてしまったら、女性の場合はトメロニダゾールやチニダゾールなどの膣剤を膣内に挿入、そして内服をします。薬剤の使用は7~10日間続きます。しかし治療中に生理が始まってしまうと治療を継続出来なくなりますので、予め生理を避けた治療をする事になります。

また相手が感染をしていて、再発するケースも多いので同時に相手も一緒に内服をする事が多くなっています。

トリコモナスは特に女性に発症し、不妊症などの原因にもなってしまう怖い性病ですので、ブライダルチェックなども含めてパートナーと一緒に性病検査をしましょう。

トリコモナスだけの検査キットの場合、3000円未満で行う事が出来ます。出来れば他の感染症も一緒に検査をした方が良いとは思いますが、トリコモナスだけの検査で良ければかなり安く検査が出来るのも性病検査キットのメリットと言えるでしょう。

2015年11月14日 トリコモナスについて はコメントを受け付けていません。 トリコモナス