性病検査キットの女性用ではどんな検査が出来る?

女性用8種類キット女性がかなりやすい性病と検査の種類についてまとめてみたいと思います。

女性が主に性病検査を行った方が良いと思う病名としては、

 B型肝炎
 C型肝炎
 HIV
 梅毒
 淋病
 トリコモナス
 カンジタ
 クラミジア

この8種類を女性の性病検査では行いたいところですね。

女性の膣は粘膜で覆われている為、洗浄もしにくいため性病の感染菌やウィルスが男性よりもとどまり易くなってしまいます。そのため女性は男性より性病に感染しやすい傾向があるのです。

また女性の性病検査をしようと思っても、自分の目で確認がしにくい状態ですので、知らず知らずに悪化してしまう事も多くなってしまうのです。

では女性が性病にかかるとしたらどんな症状が出るのでしょうか?こんな症状が出たら要注意だと思ってください。

女性の性病検査で出る症状とは?

 女性器からの出血がある
 のどの違和感(フェラチオによる感染)
 セックスの際の痛み
 性器の発疹、ぶつぶつ、違和感
 おりものの量、におい、色の変化
 発熱、微熱など

女性の性病感染は、そのままにしておくと不妊症や赤ちゃんへの母子感染などの可能性も出てきてしまいます。その為、少しでも様子が変だな・・・と思ったら性病検査キットを使ってすぐに検査をしてください。

カンジタやクラミジア、淋病、HIV、トリコモナスなどが女性に発症しやすい性病となっています。また若い10代の女性でも性病になる事も多くなってきていますので、少しでも不安な症状があれば匿名で出来る性病検査キット、誰にもバレる事のない性病検査キット女性用を使って検査をする事をお勧めします。

また女性の場合は、性病に感染している部分にキズが付いてしまい、そこからまた別の性病に感染する恐れも出てきます。

もしあなたがどんな性病に感染しているかわからない、と言った場合、自分で症状に合わせて検査をするよりも総合的に検査が出来る多項目検査キットを利用するのが間違いありません。

8項目、9項目と考えられる性病を一緒に検査出来る便利なキットも販売されていますので、感染している可能性があり、どの病名かわからない女性は多項目セットをお勧めします。

2015年11月13日 性病検査キットの女性用ではどんな検査が出来る? はコメントを受け付けていません。 女性用性病検査キット