クラミジア感染症について

クラミジアココではクラミジア感染症についてまとめてみたいと思います。クラミジア感染症という性病では次のような特徴があります。

 日本で一番感染者が一番STDになる。
 感染しても症状がわかりにくい。
 気づかない状態が続くと不妊症になる事もある。

クラミジアとは、ウイルスと細菌の中間に分類される微生物になります。このクラミジアは生きた細胞の中で増殖していきます。

あらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)によって感染する可能性がありますので、クラミジアに感染していることに気づかず相手に移してしまう事も多くなっています。クラミジアに感染していると他の性病にも感染しやすくなるので注意が必要です。

クラミジアに感染している場合の主な症状をまとめてみたいと思います。

クラミジアに感染している場合の症状とは

男性の主な症状

・排尿時にしみたり痛んだりする
・尿道のかゆみ
・透明、白っぽい膿みが出る
・睾丸が腫れる
・股間周りの痛み

女性の主な症状

・オリモノが白っぽくなる
・性行為の時に痛みを感じる
・下腹部に違和感を感じる
・生理痛がひどくなる
・不正出血がある

男性、女性ではクラミジアによって、このような症状が出る場合があります。こういった症状が出た場合には、すぐに性病検査を行ってください。

クラミジアの症状についての注意点とは

クラミジアに感染している女性の場合は、多くが症状を確認できずにいる事が多くなっています。このままクラミジアを放置していると、子宮内膜症などを起す原因にもなってしまいます。

また子宮外妊娠や不妊症の原因にもなってしまいますので注意が必要です。また感染をしたまま出産をすると新生児結膜炎や肺炎の原因にもなってしまいます。少しでもおかしいな?と思ったら性病検査をする事をお勧めします。

またクラミジアに感染している男性の場合、尿道が中心になってきますので尿道炎や前立腺炎などの症状が出ます。男性の場合、よく膿みが出た!という話を聞きますがこういう場合はクラミジアが原因の場合が多くなっていますね。

またクラミジアでは喉に感染をする事もあります。こうなると、喉が腫れてしまったり、喉の痛みなど風邪のような症状が出る事があります。なかなか性病と結びつきにくい症状もありますので、心当たりがある方はまず検査をしてみる事が大切です。

クラミジアに感染してから性病検査キットなどを使った検査をした場合、2~3日ぐらいで正常な結果は出ますが、発症までは2~3週間ほど期間がかかる場合もあります。

出来れば相手と一緒に性病検査をする事をお勧めします。