コンジローマ(コンジローム)について

コンジローマここではコンジローム、コンジローマについてまとめていきたいと思います。コンジローマ、コンジロームという性病は次のような特徴があります。

 HPV(ヒトパピローマウイルス)ウイルスに感染し、イボとなる疾患。
 自覚症状が無いことが多い。
 患部切断の対処療法しかない為、再発を繰り返す事が多い。

コンジローマ(コンジローム)にはこのような特徴があります。

ヒトパピローマウイルス(HPV:人乳頭腫ウイルス)が原因となり、接触によって皮膚や粘膜の小さな傷から侵入し3週間~数ヶ月の期間の後、皮膚にイボ状の突起や隆起性を作り、放置すると少しずつ大きくなり、数も増えてきます。

イボは手術で取り除くことはできますが、ウイルス自体を完全に取り除くことは難しく、再発する可能性が高いSTD(性病)となっています。

コンジローマ(コンジローム)の症状とは

男性の主な症状

 陰茎、肛門周囲に発生しする。
 包茎の男性では巨大な尖形コンジローム(コンジローマ)が出現することもあります。

女性の主な症状

 陰部や肛門周囲に発生します。
 妊娠中の女性はおりものが多いとコンジロームが多数発生しやすい。

コンジローマ(コンジローム)では、男性、女性ともに同じような症状が出ます。うすピンク色または茶色のニワトリのトサカ状か乳頭状のイボができます。軽い痛みや痒みがある場合もありますが、自覚症状はほとんどありません。

また男女とも尿道口や肛門や肛門周辺に出来る事もあります。女性の場合は大小陰唇、膣前庭、膣、子宮頸部、男性に場合は陰茎、亀頭、包皮の内側、陰のうなどに症状が現れます。イボはどんどん増えていきますので、早めの血治療がコンジローマでは必要となってきます。

体内に潜伏をしているだけの人もいますので、相手が特定出来ない場合も多いのがコンジローマ(コンジローム)の特徴でもあります。発症まで期間がかかったり、発症しても自覚症状が少ない為に気づきにくいのです。

コンジローマ(コンジローム)の治療方法としては、イボの切除、軟膏を処方される場合もあります。しかしイボは消えてもウイルスは皮膚に潜んでいる為、かなりの確率で再発される性病となります。コンジローマ(コンジローム)の治療後はしばらく様子を見ることも大切な事になります。

少しでも疑いがある場合には、匿名で性病検査が出来る郵送チェックをする事をお勧めします。

2015年11月14日 コンジローマ(コンジローム)について はコメントを受け付けていません。 コンジローマ